トップページ患者さん>輸血拒否について

患者さん

がんセカンドオピニオン外来
労働者健康安全機構 東北労災病院は宗教上の理由による輸血拒否に対し、以下のように対応いたします。
1.輸血を行う可能性がない検査および治療に関しては、すべての患者さんにとって最善の診療をいたします。

2.患者さんおよびご家族に輸血の同意が得られず、絶対的無輸血注)での処置を希望される場合は、当院における治療は困難であることを説明のうえ、転院をお勧めします。

3.輸血を必要とする可能性がある検査、処置および手術を行う場合、輸血治療をおこなわないことで生命に切迫した危険があるときは、輸血を行います。
その際は、患者さんおよびご家族に治療(輸血を含む)を行うことについて、十分に説明をおこないます。

4.絶対的無輸血治療を行う他施設に関するお問い合わせ、ご紹介には対応できかねますので、なにとぞご了承ください。



注)患者さん、ご家族の意思を尊重し、たとえいかなる事態においても
輸血をしないという立場



東北労災病院 病院長
上に戻る

独立法人労働者健康福祉機構 東北労災病院 仙台市青葉区台原4丁目3-21 TEL:022-275-1111

Copyright(C) TOHOKU ROSAI HOSPITAL 2004.All Rights Reserved.