宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 病院紹介 > お知らせ

お知らせ

10月17日に「ろうさい医イはなし」を開催しました

当院では、毎月第2、第4水曜日の午後1時半から、1階ステンドグラス前で「ろうさい医イはなし」と題して、病気や治療についてなど、知っておくとちょっといい話を皆さまに分かりやすくお話ししています。
 
10/17(水)の医イはなしは、野村ヘルニア外科副部長による「働く人ががんになったら…」でした。
本日も大勢の方にご参加いただきありがとうございました。
 
今回の内容は、がんと診断された方が治療を受けながら働き続けるために、当院で実施している支援内容についてのお話でした。
 
不治の病と考えられた「がん」も、現在は「長く付き合う慢性病」に変化しつつあります。治療を受けながら働く人も多数いらっしゃいますが、残念ながら約3分の1の方が退職されているという調査結果もあります。
 
当院は労災病院グループの一員として、「治療と仕事」を両立させるためのサポートを先駆的に実施してきました。
当院には、患者さん、医療側、企業側の情報共有を図り、患者さんをサポートする役割を担う「両立支援コーディネーター」が8名在籍しています。
 
1階の地域医療連携センター内で、平日8:15~12:15の間、両立支援相談窓口を設置しておりますのでぜひご活用ください。
※他院に通院中の方のご相談も受け付けております。
 
最後に先生からは、
「重大な決断は急がないでください」
「あなたが仕事を辞めることは会社にとって損失です」
とのメッセージがありました。



次回の医イはなしは、10/24(水)開催予定です。
テーマは「胆石と胆嚢について」で、徳村院長が担当します。
入場無料、事前申込不要です。お気軽にご参加ください。
 
お問合先:地域医療連携センター
℡ 022ー275‐1467

お知らせ一覧に戻る

ページのトップに戻る