宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 病院紹介 > お知らせ

お知らせ

ろうさい医イはなし2・3月のお知らせ

当院の職員が病気について、治療についてなど知っておくとちょっといい話を皆様に
分かりやすくお話しします。
第2・第4水曜日の午後1時半から1時間程度、1階ステンドグラス前で開催いたします。

ご案内はこちらをご覧ください。

2月14日  胃がん 診断~手術・3D腹腔鏡下の手術     胃外科副部長 安本 明弘

  胃がんの診断から手術治療までご説明します。胃がんの手術は最近10年で大きく変化してきました。当院の特徴である、3D腹腔鏡を使用した腹腔鏡下胃がん手術について実際の手術映像をご覧いただく予定です。


2月28日 肺がんとその治療 抗癌剤編 呼吸器内科副部長 榊原 智博
 当院呼吸器内科では肺癌の患者さんに対して診断、治療(主に抗癌剤)、緩和ケアなどを行っております。近年は新規抗癌剤が数多く承認され、治療も複雑になっていますが、生存期間も確実に延長しており、患者さんが抗癌剤治療を受けるメリットが多くなっています。当日は抗癌剤治療を中心にお話しします。

3月14日 健診のすすめ  健康診断部副部長 長澤 美穂
健康で自立した生活を送ることのできる期間‐「健康寿命」‐を延ばすためには、病気を未然に防ぐことや、早期に発見し治療することが重要です。そのためには定期的に健診や人間ドックを受け、自分の体の状態をチェックすることが必要です。当院での健診や人間ドックの特徴、実際に早期発見された例などについて説明します。

3月28日 乳がんについて  最近の話題から  乳腺外科部長 本多 博
乳がんは女性の罹患数が最も多いがんで、早期発見が重要ですが、高濃度乳房対策が課題であり、来年度から仙台市乳がん検診にエコー(超音波)検査が導入されます。また、当科で昨年より行っている乳房再建や、1月から開始した遺伝性乳がん(HBOC)のスクリーニングについて、更に抗がん剤の副作用対策や新規薬剤を含め、最近の乳がん診断・治療のポイントをわかりやすく解説します。

お知らせ一覧に戻る

ページのトップに戻る