独立行政法人労働者健康安全機構 東北労災病院治療就労両立支援センター

TEL 022-275-1085 文字サイズ変更AA

治療と仕事の両立支援

治療就労両立支援センター 治療と仕事の両立支援 キービジュアル

治療と仕事の両立支援

生涯のうちに、日本人の2人に1人ががんに罹患し、仕事を持ちながら、がんで通院している方は約32.5万人(平成22年国民生活基礎調査に基づく統計)といわれており、病気になると「働きながら治療をしなければならない、会社に話しをしなければならないのか、今後職場に戻れるのか」ということも気になるところです。
病気に対する労働者自身の不十分な理解や、職場の理解・支援体制不足により、離職に至ってしまう場合もみられます。

当院(センター)では、労働者が治療を続けながら働くことに関しての悩み、また、企業としての支援・対応方法や医療機関との連携に関しての悩みなど、宮城産業保健総合支援センターと連携して支援(「両立支援相談窓口」の開設)を進めております。

治療と仕事の両立の支援を進めるメリットとは・・・

労働者のメリット
  1. 治療に関する配慮が行われれば、病気の増悪の防止となる
  2. 治療を受けながら仕事の継続となる(収入の確保)
  3. 安心感やモチベーションの向上に繋がる
企業のメリット
  1. 労働者の「健康確保」の推進となる
  2. 継続的な人材の確保となる(優秀な人材の確保)
  3. 労働者のモチベーションの向上による人材の定着、生産性の向上に繋がる

治療と仕事の両立「相談窓口」のご案内

東北ろうさい病院では、宮城産業保健総合支援センターと連携しながら、がんなどの疾病を抱える労働者のための「治療と職業生活の両立」についての相談窓口を開設しております。
一人で悩まず、ご相談を・・・

ページのトップへ戻る