宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 診療科・部門案内 > 部門紹介 > 中央リハビリテーション部

中央リハビリテーション部

はじめに

リハビリテーションは現在、医療において非常に注目されている分野です。現在のリハビリテーションは、従来から行われてきた脳卒中や脊髄損傷、骨折などの外傷後の後遺障害に対するリハビリテーションに加えて、心臓や肺等の内部障害、がん、生活習慣病などへの効果が示され、高い期待がよせられています。

当院は地域の急性期医療を担う中核的医療機関であり、中央リハビリテーション部もその一員として、発症直後・手術直後から安全管理のもと効果的なリハビリテーションを提供しています。

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(1)
  • 運動器リハビリテーション料(1)
  • 呼吸器リハビリテーション料(1)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 心大血管リハビリテーション料(1)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(1)

対象疾患

ほぼすべての診療科からの依頼を受けており、様々な疾患、障害に対して良質な医療の提供を心掛け診療しています。

脳血管疾患リハビリテーション

脳梗塞や脳出血、脊髄損傷などを対象とします。当院では開院以来力を注いできた分野であり、豊富な経験を有するセラピストが多く、安定した治療成績を提供できます。

運動器疾患

四肢の骨折や関節障害、脊椎疾患などの運動器の障害を対象とします。外傷や骨折に加えて、人工関節センターと連携して、人工股関節や人工膝関節後のリハビリテーションに力を入れています。また、投球障害等のスポーツ障害に対しても多くの実績があります。

呼吸器リハビリテーション

肺炎、COPD、肺がん等による呼吸機能障害を対象とします。
専門資格(呼吸療法認定士)を取得したセラピストも複数在籍し、呼吸器内科・呼吸器外科と連携して早期治療から在宅ケアに至る総合的な治療を提供しています。呼吸サポートチームの一員としても積極的に活動しています。

がんのリハビリテーション

当院はがん診療拠点病院であり、リハビリテーションにおいても、がんのリハビリテーション研修修了者による専門的な治療を提供しています。緩和ケアチームにも参加しており、総合的な診療を目指しています。

心臓リハビリテーション

当院は平成25年度より心臓リハビリテーションを取り入れ、「心臓リハビリテーション指導士」資格取得者も増えています。急性心筋梗塞、狭心症、心不全、大動脈疾患等を対象としており、循環器内科、専門のリハビリテーション医と緊密に連携しながら治療にあたっています。

嚥下リハビリテーション

様々な原因により、嚥下機能や摂食機能が障害されます。これらの障害を正確に評価し適切な対応をすることは全ての患者さんの治療にとって大変重要なことです。当院では言語聴覚士が中心となってこの業務にあたっています。

診療部門とスタッフ

理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3部門で構成されています

理学療法
理学療法士16名 理学療法助手1名
作業療法
作業療法士6名
言語聴覚療法
言語聴覚士2名

各種認定資格、研修修了者等

がんのリハビリテーション研修運営委員会認定 がんのリハビリテーション研修修了理学療法士 14名
3学会合同呼吸療法認定士認定委員会認定 3学会合同呼吸療法認定士  3名
日本呼吸ケアリハビリテーション学会認定 呼吸ケア指導士 1名
日本心臓リハビリテーション学会認定 心臓リハビリテーション指導士 2名
日本糖尿病療養指導士認定機構認定 日本糖尿病療養指導士 1名
(社)日本理学療法士協会認定 認定理学療法士 1名
東京商工会議所認定 福祉住環境コーディネーター 4名

(2018年4月現在)

ページのトップに戻る