宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 診療科・部門案内 > 診療科目 > 循環器内科

循環器内科

診療科の特色

循環器内科は急性心筋梗塞、重症心不全、狭心症、不整脈などの循環器疾患全般にわたって診療を行っております。常勤医師は全員、日本循環器学会認定専門医であり、ガイドラインに沿いつつも患者さん一人ひとりの病状とニーズに沿った質の高い循環器診療を目指して日夜診療にあたっております。

近隣の開業医の先生方や診療所、病院からのご紹介もあり、急性心筋梗塞など緊急を要する疾患に関しては24時間対応しており、夜間でも医師、看護師、放射線技師などのスタッフを召集して速やかにインターベンションが行える院内体制を整えております。

新患は、曜日にかかわらず毎日対応しています。

診療内容

循環器疾患全般を扱っております。急性心筋梗塞、不安定狭心症、急性心不全、不整脈発作などの緊急対応を必要とする疾患をはじめ種々の原因による慢性心不全、安定した狭心症、心筋症、弁膜症、感染性心内膜炎など心疾患全てを診療対象とし、入院、外来ともに一貫した診療を行っております。

市内の他病院や東北大学病院とのパイプも太く、必要時の連携も円滑に行われております。病診連携にも力を注いでおり、近隣の開業医の先生との間の患者さんの行き来も盛んです。

専門分野

  • 心臓カテーテル検査による心疾患の診断
  • 虚血性心臓病に対する冠動脈インターベンション
  • 不整脈に対する電気生理学的検査と、カテーテルアブレーションによる治療
  • 心不全に対する薬物治療
  • 冠動脈疾患のリスク管理

特殊診療

  • 冠動脈インターベンションにおいては、病態に応じて薬剤溶出性ステントをはじめとしたステント治療、バルーン治療を中心に行っております。
  • 重症急性心不全においては、心電図モニターやスワンガンツカテーテルを用いた血行動態モニターを駆使して治療を行っており、バルーンパンピングによる非薬物治療も必要に応じて行っています。
  • 不整脈に対しては、カテーテルアブレーションを発作性上室性頻拍症や心室頻拍を対象に行っています。
  • 肺塞栓に対しては下大静脈フィルター留置術を行っております。

診察実績

年間入院患者数 約450名
年間外来患者数 約2,200名
心臓カテーテル検査 年間約200例
冠動脈インターベンション 年間約50例 初期成功率96%
ペースメーカ植え込み術 年間約10例

外来診療担当医師予定表はこちら

循環器内科 医師紹介

[循環器内科部長]
田中 光昭(平成7年卒)

専門分野 冠動脈疾患、カテーテル治療、心不全
所属学会、学位・認定等 日本内科学会認定内科医、総合内科専門医、日本循環器学会専門医
患者さんへのメッセージ 安全で安心な診療を心がけています。

[循環器内科医師]
高橋 貴久代(平成17年卒)

専門分野 循環器内科一般
所属学会、学位・認定等 日本内科学会認定内科医、日本循環器学会
患者さんへのメッセージ 患者さんの生活に寄り添った医療を心掛けたいと考えております。よろしくお願いいたします。

[循環器内科医師]
宇塚 裕紀(平成22年卒)

専門分野 循環器内科
所属学会、学位・認定等 日本内科学会認定内科医、日本循環器学会専門医、臨床研修指導医
患者さんへのメッセージ 患者さまのための丁寧な医療を心がけてまいります。

[循環器内科レジデント]
畑岡 知里(平成27年卒)

所属学会、学位・認定等 日本内科学会認定医、日本呼吸器学会

ページのトップに戻る