宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 診療科・部門案内 > 診療科目 > 緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

診療科の特色

医師(緩和ケア内科医、心療内科医・腫瘍内科医・乳腺外科医・放射線治療医、歯科医)、看護師、薬剤師、メディカルソーシャルワーカー(MSW)、心理療法士、歯科衛生士、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、がん相談員、音楽療法士、ボランティアで構成されています。

活動内容

がん診療連携拠点病院には緩和ケアチームの設置が必須条件になっています。

現代緩和ケアの創始者S.ソンダース女史は「病人は全人的(身体的、精神的、社会経済的、いわゆる人間的-スピリチュアル-)な苦痛を背負っており、これに対処するには多職種(多専門職)のチームによるケアが不可欠である」と述べており、この考えにしたがって当院でも医師(緩和ケア内科、心療内科、腫瘍内科、放射線治療科)、専門および認定看護師(がん看護、緩和ケア、がん性疼痛看護)、薬剤師、臨床心理士、栄養士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、MSW、がん相談員、音楽療法士、ボランティアなどによる緩和ケアチームが毎週2回カンファレンスを持ち、各診療科の主治医より依頼を受けた患者さんの回診を週3回行っています。

また外来・入院のすべてのがん患者さんの統一的かつ継続的な「苦痛のスクリーニング」を実施し、がんと診断されてからの緩和ケア導入を積極的に行っております。さらに各病棟、外来の緩和ケア・リンクナースの活動を通して、 がんの患者さんが一人ももれなく必要な緩和ケア支援を利用し、QOLの高い療養生活を送れるように活動しております。

ページのトップに戻る