宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 診療科・部門案内 > 診療科目 > 腫瘍内科

腫瘍内科

診療科の特色

固形腫瘍の薬物治療(抗体治療・ホルモン療法を含む)一般が対象です。当科では特に、消化器がん・悪性リンパ腫・乳がんの診療の診療経験が豊富です(当院では肺がんについては呼吸器科、泌尿器科がんについては泌尿器科が主に担当しています)。

放射線科と共同して食道がん、悪性リンパ腫の放射線併用化学療法も実施しています。さらに、診療早期からの身体症状緩和にも重点をおいています。

がん疼痛対策において当院緩和ケア内科・放射線科(緩和的放射線治療)との連携は緊密です。口内炎が副作用として問題となるような薬物療法の開始前には、当院口腔ケアセンターを受診していただけるよう、連携を取っております。

診療内容

原則として化学療法センターでの外来治療を行っております。ただし、点滴抗がん剤治療は副作用が重篤になる危険性があるので、第1回目の治療は入院して施行することをお勧めしています。また全身状態が不良の方、長時間の点滴治療が必要な方は入院治療となります。

積極的な抗がん治療が不可能になった方も、当院での診療を希望される場合はできる限り緩和医療を提供させていただいております。

専門分野

臨床腫瘍学、緩和医療学、内科学

診療実績

平日1日平均15件程度の化学療法(腫瘍内科以外の診療科のオーダーを含む)を外来化学療法センターで施行しています。長時間点滴が必要な場合、血管が点滴しにくい場合には、外科医による中心静脈カテーテルの留置を行い、安全な抗がん剤点滴を実施しています。抗がん剤の血管外漏出(の疑い)の場合には、当院皮膚科医師が迅速に対応しております。

外来診療担当医師予定表はこちら

腫瘍内科 医師紹介

[腫瘍内科部長]
丹田 滋(昭和59年卒)

専門分野 固形腫瘍の薬物療法(特に、消化器がん・悪性リンパ腫・乳がん)、がんの緩和医療
所属学会、学位・認定等 日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本緩和医療学会代議員・暫定教育医、日本内科学会認定医・指導医、日本消化器病学会消化器病専門医、東北大学博士(医学)、日本がん治療認定医機構・認定医・暫定教育医
臨床研修指導医の有無 臨床研修指導医 有り
患者さんへのメッセージ 地域がん診療連携拠点病院の一診療科として、標準的ながん診療を提供できることを目標にしています。勤労者医療を担う労災病院として外来化学療法センターでは、がん患者さんであってもお勤めの方はなるべく勤務に支障が出ないように配慮しています。

また、がん診療早期から晩期まで身体症状緩和には特に心を砕いているところです。院内の緩和ケア内科とも連携しております。今後は各種医療機関との連携に力を入れて、希望される場合には、ご自宅での療養が長く可能になるように努力していきたいと存じます。

ページのトップに戻る