宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 診療科・部門案内 > 部門紹介 > 薬剤部

薬剤部

はじめに

当薬剤部では、オーダリングシステムに連動した調剤支援システムを用いた調剤や注射薬抗がん剤の調製を行うと共に、院内全ての医薬品を適正に管理しています。医薬品の適正使用に貢献し医療の質を向上できるよう全病棟での薬剤管理指導業務を展開し、ほぼ全ての入院患者さんの持参薬鑑別を行っています。

病棟では処方内容(術前中止薬の有無)や服薬状況、副作用の有無などの情報を他の医療スタッフに提供することで適正な薬物療法を支援し、医療安全にも貢献しています。(病棟薬剤業務実施加算算定施設)

また、がん・緩和ケア・感染・褥瘡・NST・糖尿病などの多職種医療チームの一員として、医療現場で役立つ最新の薬学的専門情報をつねに医療スタッフに提供し、患者さんへの治療がより効果的で安全に行えるように活躍しています。各領域の学会・協会から認定を受けた(医療の専門領域や薬物治療に関する高度な知識・技能を有する)薬剤師の育成も注力し、薬学6年制長期実務実習生を積極的に受入れ、薬学・医療技術の高度化、医薬分業に伴う医薬品の安全使用に応じた薬学教育にも寄与しています。

(薬剤部長 菅野 和彦)

調剤業務(内服、注射、調剤)

当院では1,800品目以上の医薬品を取扱っております。医薬品を安全にご使用いただくために、薬剤師は医師の処方せんに基づき、患者さんの検査データや病棟からの情報を確認し、個々の患者さんに適した調剤を行っています。

また、中心静脈栄養(TPN)輸液や院内で使用される全ての抗がん剤の調製のほか、治療上必要な薬で適切な市販薬がない場合は、医師の依頼に応じて薬剤部が調製(院内製剤)します。

注射薬自動払出システム(オートアンプルディスペンサー)などの最新の機器の導入や監査システムの構築により調剤業務に係る医療の安全を確保しています。

薬剤管理指導業務(病棟薬剤業務)

病気の治療は、医師や看護師、薬剤師等の病院職員が名々の専門分野で職能を発揮することにより支えられています。

薬剤師は入院されている患者さんに、より安全な薬物療法を受けていただけるよう、直接面談し治療方針に合わせた処方薬の飲み方や量、薬物相互作用などを説明し、薬に対する疑問に応えながら薬歴を管理し副作用の確認と、その対策を行っております。

医薬品情報業務

薬をより安全に効果的に使用するためには、日々変化している多くの情報が必要です。医薬品に関する文献や情報を集めて、患者さんや医師らに提供することにより、より安全で効果的な薬物療法を図り、医療の質の向上に貢献しています。

医療チームへの参画

各医療スタッフの専門性を十分に活用して、患者さん・家族とともに質の高い医療を実現するために、各医療スタッフによるチーム医療が行われています。

薬剤師も栄養サポート(NST)、糖尿病指導、感染制御(ICT)、緩和ケア(PCT)、褥瘡対策などの院内ケアチームへ積極的に参画し、日々最新の薬物療法の情報収集に努めるとともにケアチームと病院スタッフへの情報提供とチーム医療の実践を行っています。

治験管理業務

治験とは国が認める新薬の最終段階の試験です。決められた実施計画書に従い、厳格な管理の元、患者さんの協力を得てデータの収集を行います。

薬剤師は円滑に治験が進むよう治験施設支援機関の治験コーディネーター(CRC)とともに、治験責任医師の支援、治験審査委員会の運営や治験薬の管理を行っています。

薬学生実務実習への取り組み

薬学生実務実習を受け入れています。病院薬剤師の業務と責任を理解し、基本的知識、技能、態度を習得できるような参加型実習を実践しています。

また、栄養サポート、糖尿病指導、感染制御、緩和ケア、がん薬物療法、褥瘡対策などのチーム医療における薬剤師の役割を体験してもらえるようなプログラムや実習環境を整え指導を行っています。

専門・認定薬剤師等の取得状況

資格 有資格者数
薬学博士 2名
日本医療薬学会 -
 がん専門薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 -
 がん薬物療法認定薬剤師 1名

 感染制御認定薬剤師
1名
 生涯研修履修認定薬剤師(5年) 7名
 認定実務指導薬剤師 3名
日本薬剤師研修センター  -
 認定実務実習指導薬剤師 8名
 認定薬剤師 8名
日本緩和医療薬学会 -
 緩和薬物療法認定薬剤師 2名
 麻薬教育認定薬剤師 2名
日本医療情報学会 -
 認定医療情報技師 1名
日本リウマチ財団 -
 リウマチ登録薬剤師 1名
日本アンチ・ドーピング機構 -
 認定スポーツファーマシスト 5名
日本褥創学会認定師 1名
高血圧・循環器病予防療養指導士 1名
DMAT(災害対策支援チーム) 1名
日本臨床救急医学会 -
 救急認定薬剤師 1名
Basic Life Support (BLS) 2名
Advanced Cardiovascular Life Support (ACLS) 1名
NST専門療法士 2名

(2018年4月現在)

ページのトップに戻る