宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 診療科・部門案内 > 専門センター > 消化器内視鏡センター

消化器内視鏡センター

センターの特色

近年、食道・胃・大腸の消化管領域において、特殊光観察による内視鏡診断、拡大内視鏡診断、超音波内視鏡診断、経鼻内視鏡検査など、内視鏡診断技術が格段に向上しています。

さらに早期の食道癌、胃癌、大腸癌に対する内視鏡的粘膜切除術に代表される種々の内視鏡的治療が増加しつつあり、消化器領域において内視鏡は非常に重要なものとなってきています。

消化器内視鏡センターでは、消化器疾患全般(上部消化管・下部消化管・肝胆膵)それぞれの分野において専門医を揃え、最先端の診断・治療を提供できる体制を備えております。また、周辺地域の医療施設や院内の各診療科と連携体制を取り、患者さんの病状の判断や最適な治療法を有効かつ効率的に提供していく役割も担っております。

診療内容

外来
内視鏡専門医によるスクリーニング内視鏡検査及び自覚症状の原因となる器質的疾患の有無の検索、異常が認められた場合は特殊光観察、拡大内視鏡観察、超音波内視鏡検査などの精密内視鏡検査を行い適切な治療方針の決定を行います。
入院
入院加療が必要な疾患に対する適切な治療の提供(内視鏡的治療を含む)及び治療効果判定目的の内視鏡等による経過観察を行います。

診療体制

センター長
副院長 大原秀一
副センター長
胃腸科部長 濱田史朗
診療担当
胃腸科医師12名
肝臓科医師 3名

お問い合わせ先

消化器内科内視鏡室(病院代表)
電話(022)275-1111(代)

関連ページリンク

ページのトップに戻る