宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 診療科・部門案内 > 診療科目 > 大腸肛門外科

大腸肛門外科

診療科の特色

当科では当院胃腸内科、および地域の消化器内科の先生方と緊密な連携を取り、適切なタイミングで炎症性腸疾患に対する外科治療を担っています。

診療内容

大腸癌、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、肛門疾患などに対して、腹腔鏡下大腸癌手術、大腸肛門手術、消化器外科一般の手術そして外科の急性期医療。なお、他に先駆けハイビション内視鏡手術室を設置し最高レベルの腹腔鏡下手術を患者の皆様へ提供しています。

28年度手術件数:炎症性腸疾患

(潰瘍性大腸炎・クローン病)51例、肛門疾患 65例

大腸肛門外科 医師紹介

[大腸肛門外科部長・大腸肛門病センター長]
高橋 賢一(平成3年卒)

高橋 賢一

専門分野 消化器外科、大腸肛門外科(潰瘍性大腸炎、クローン病、痔疾患、直腸脱、その他大腸肛門疾患全般、ストーマケア)
所属学会、学位・認定等 日本炎症性腸疾患協会理事、日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本大腸肛門病指導医・専門医、日本消化器病学会指導医・専門医、外科周術期感染管理教育医、外科周術期感染管理認定医、インフェクションコントロールドクター、日本静脈経腸栄養学会認定医、日本消化器病学会評議員、日本消化器外科学会評議員、日本外科感染症学会評議員、日本腹部救急医学会評議員、日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会評議員、日本大腸肛門病学会評議員、日本内視鏡外科学会会員、日本外科代謝栄養学会会員、日本環境感染学会会員、日本臨床外科学会会員など
患者さんへのメッセージ 感染予防の徹底や適切な栄養管理などにより、合併症の少ない外科治療を心掛けています。

[大腸肛門外科副部長]
羽根田 祥(平成12年卒)

羽根田 祥

所属学会、学位・認定等 日本外科学会外科指導医・専門医、日本消化器外科学会消化器外科指導医・専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医

ページのトップに戻る